鎖錠の楼閣

    一次&二次の小説やネトゲやゲームの記録記事を更新してるブログ

    Home > 雑記 > 【雑記】Entyに日逆孝介のページを作成した報告と、今後の活動方針的な雑記

    【雑記】Entyに日逆孝介のページを作成した報告と、今後の活動方針的な雑記

    いよいよ明日は待ちに待ったスウィッチの発売日!
    予約間に合いませんでした!!
    馬鹿野郎!! ゲーマーなら発売日にゲーム屋で直買いだろJK(古語)!!!
    と言う訳で自称ゲーマーのワイ氏、明日お仕事が終わったら
    電気屋とゲーム屋を梯子する予定です(^ω^)
    手に入らなかったら発狂しながらBlogに泣きべそ掻きに来ます。
    Enty【日逆孝介の創作空間】https://enty.jp/hisakakousuke?ref=search

    ちょこっと前に告知しましたが、日逆孝介の創作物は今後有料で配信されます。
    告知した時の記事はこちら↓
    「【雑記】日逆孝介の創作物を有料で配信していくお知らせ」
    http://gizokunoutage.blog109.fc2.com/blog-entry-1980.html

    4月から本格始動と言う事で、ひとまずEntyの登録を終えて、
    現在は過去の作品をちょろちょろと再掲している段階ですなー。
    告知した時の記事にも有りますし、Entyにも記述しましたが、
    月額1500円で月3回の更新なので、1話辺り500円の計算になります。

    因みにこれ、4月に1500円課金すると、4月の3回分の配信は読めますが、
    4月に課金せず、5月に1500円課金すると、4月の3回分の配信は読めません。
    と言う設定で運営する予定です。勿論後から4月の分の課金(1500円)をすれば
    4月の3話分読めるようになるので、後から課金した方がお得だ~って事は有りません。

    あともう一つ補足説明しておきますと、今後の創作物を全て有料化する訳ではなく、
    連載小説は連載開始から区切りの良い所まで従来通り無料で配信し、
    区切りがついた所からはEntyで有料配信~と言う形で完結まで投稿する予定でして、
    後は突発的な短編も従来通り無料で配信していく予定です。

    3月は普段通り創作物をこちらのBlogでもちょろちょろ投稿を続けますが、
    4月になったらひとまずは創作物の更新はEntyに一任して、
    このBlogは基本的にゲームの記録記事や思った事をつらつら綴るだけの
    雑記をメインに運営していこうと考えております。後は稀に短編投稿したりとかね!

    月3回の配信ペースと言っても、定期的に更新すると言う行為は中々難しい話です。
    そもそもプロではないわたくしが、プロの真似事のような事をする訳ですから
    相応のプレッシャーも有る筈……なのですが、前にも綴りましたが、
    「わたくし自身が愉しんで綴れないのであれば綴る余地無し!」なので、
    「綴りたい時に、綴りたいだけ、綴る!」と言う気持ちを忘れずに、
    「けれど読者をお待たせする事の無い程度には頑張ろう!」と言う想いを込めて
    今後は月単位で創作活動に打ち込んで参りたいので、
    Blogの更新頻度はちょこっと減少するかも知れません。

    物語を綴る創作活動は今後より一層重要になりますが、
    ゲームのプレイ動画を投稿するのも頑張りたいですし、
    そのゲームをプレイする趣味も継続していくつもりですから、
    Blogにまで手が回らないと思うのです。
    Blog綴るのも好きなので続けていくつもりでは有るのですが、
    重要度が 創作活動>>>ゲームプレイ>>>動画投稿>>>Blog なので、
    Blogの更新が滞ったら「おっ、こいつ何か頑張ってんな」と思って頂けたらと。
    最近ではTwitterの方でもちょろちょろ浮上しているので
    生存確認に関してはたぶん問題無いと思います。
    Blogの方でも最低限の生存報告ぐらいはできたらいいなーと思ってはいますが、
    何だかんだ言いながら更新頻度が変わらなかったりするのが私です(笑顔)。

    そんな感じで今後とも良しなにして頂けたら幸いです。
    ところで説明がくっそ遅くなりましたが、この記事の一番上のリンクは、
    Entyで作成した【日逆孝介の創作空間】と言う、
    わたくしの有料コンテンツ置場になっております。
    いきなり課金がいるよーと言うサイトではなく、
    現在は無料のコンテンツしか置いていないので
    気軽にどんなサイトなのか覗きに来て頂けたら幸いです。それでは!
    関連記事

    Comments

    post
    Comment form

    Trackback

    Trackback URL