鎖錠の楼閣

    一次&二次の小説やネトゲやゲームの記録記事を更新してるブログ

    Home > 雑記 > 【雑記】自作小説の見積もりを頼むと「1冊wwww1万3000円wwwwww」とかアホな結果に

    【雑記】自作小説の見積もりを頼むと「1冊wwww1万3000円wwwwww」とかアホな結果に

    switch買う買うと言ってますが
    そもそもそんな大金用意できない。
    と言う事に気づきまして(お前は何を言ってるんだ)。
    友達とどうしよっかーと話しております(^ω^)
    ボンバーマンRも面白そうで、ゼル伝も面白そうで、
    更に同月にMHXXとBFも出るってお前、
    破産確定してるな(^ω^)
    ちょっとどうしようか真面目に悩む事にしますわ……(˘ω˘)
    久方振りの雑記ですね! 今回のお題はこちら!

    「日逆孝介作品を同人誌で出すとしたら幾ら位になるのー!?」

    惨たらしい現実を直視する事になりました(ネタバレ)。

    えー、そもそもわたくしの作品の何がヤヴァいって、
    ページ数(及び文字数)が多過ぎる事なんですね。
    その昔、出版社に送ろうと思った時期も有りましたが、
    どの作品にしても文字数オーヴァー、ページ数オーヴァーで、
    そもそも規定ラインに入らない長過ぎる作品しかないんですね!

    で! 今回もその弊害がおもっくそ露呈した感じで
    どこの印刷会社にお願いしても頭おかしい値段を要求されて
    「こんな値段の同人誌誰が買うんだよwww」と友達と腹抱えて爆笑してました。
    予定では500円とか1000円とかほざいてましたね?
    印刷会社によっては、「戦戯」全話含めた内容で、

    1万3000円します(^ω^)(^ω^)(^ω^)

    小説1冊がwwwwwwwww1万3000円wwwwwwwwwwwwwww

    石油王向けの小説かな?????

    正直に言います。アホですね。

    ページ数が爆発したからアカンのや! 小分けにしよう! 3冊、上中下巻にしたらどうなる!?

    1冊2500円、
    3冊合わせて7500円になります!


    だからそれ小説の値段じゃねーよwwwwwwwwwwwwwwwwwww

    流石にこんなアホみたいな値段を付けてまで売る気は無いのでご安心ください。
    現在色々印刷会社を巡り、ギリギリまで料金を絞った結果、
    今のところ有力な値段は「1500円ほど」です。因みに「戦戯」全話+書き下ろし含めてです。
    たぶんこれ以上は絞れないです。本当に申し訳ないです、私の見込みが甘かったです。
    これに色々込み込み(送料や本文+αなど)で、2000円以内に抑えられたらいいなぁと……

    それにTwitterで「同人誌が欲しい人ー」と募集した時に反応してくれたお二人は
    そもそも「戦戯」に携わった人でもある訳ですから、もう少し良心的な値段に出来れば……!
    とか考えておりますが、実際に出来上がるまでは何とも言えない感じです。重ね重ね申し訳ないです。

    そう、何でこんなアホみたいな値段がするのかって、
    元はと言えば物語が長過ぎるんです、同人誌の中では。
    「単行本1冊が大体10万文字」と言う話を聞いた事が有りますが、
    「戦戯」は全話合わせて36万文字有るんですね。単行本約3.6冊分ですよ。
    それを1冊に纏めようって言うんだから正気じゃない。
    だけど1冊に纏めなかったらもっとお値段が嵩んじゃうので選択肢から除外せざるを得ない。
    と言う感じでモダモダしている訳です。
    てっきり文章だけの同人誌だから安いと思ってた頃の私をコロコロしたい……

    友達とも話していましたが、わたくしの作品はそもそも同人誌に向かないんです。
    理由は前述で何度も触れました通り、文字数が多過ぎるため。
    ともあれもう少し試行錯誤してみますので、お二人の購入予定者にはもう暫くお待ち頂けたらと思います……!

    そんな感じでね、はい。

    小説の同人誌を作ろうとしてる人!

    私は警告するぞ!!

    物語は短く纏めろ!!!

    地獄を見るぞ!!!!!

    私からは以上です。

    おやすみなそい(˘ω˘)
    関連記事

    Comments

    post
    Comment form

    Trackback

    Trackback URL