鎖錠の楼閣

    一次&二次の小説やネトゲやゲームの記録記事を更新してるブログ

    Home > FFⅦ > 【FFⅦ】第1回の動画と、初見っぽいって言いながら完全に初見だわこれ(理解度的な意味で

    【FFⅦ】第1回の動画と、初見っぽいって言いながら完全に初見だわこれ(理解度的な意味で

    昨日の夕飯の後に口の中の皮がベロリと向けて
    ナンダコレいってぇ……と思いながら朝を迎えたら
    口腔が鉄の味で一杯でして。
    洗面台が真っ赤に染まりました( ◠‿◠ )
    何か最近同じ症状だと思われる人をちらほら見るので
    もしかして病気の類いなのかなー? と思いながら
    剥がれてしまった上顎の皮が有った部分を(^ω^)ペロペロ
    しております。ご飯が美味しく頂けないのがだいぶ遺憾。


    ちょこっと前に触れましたが、現在PS1のゲームである
    「どきどきポヤッチオ」を配信しながらプレイしていたら
    「他の昔のゲームもまた触りたくなってくるなー」と思い
    ちょっと前から関心が有った「FFⅦ」を改めて触ってみよう
    と思いまして、こちらものんびりと配信しながらプレイして
    いこうと思います(^ω^) タイトルにも有るように、相当
    昔……二十年近く昔に触ったっきりのゲームなので
    実際は初見ではないのですが、記憶がほぼ無いため
    初見プレイと言う扱いで触っていこうかなーって!

    第1回の注意書きには記しませんでしたが
    FFⅦを配信プレイするに当たって
    ザックリとした2つのルールを設けております。
    1つはセーヴポイント毎にセーヴして、そこを配信の区切りにする事。
    あんまり長時間ぶっ続けでプレイするのは、見てる方も疲れると
    思ったので、なるべく短時間に区切って配信していきたいなーって。
    もう1つは可能な限り攻略情報を拾わずにプレイする事。
    攻略上見落としが有って、何度も同じところを彷徨ったり
    イベントが進まず延々と同じ会話を聞いたりしたり
    そういうのも含めてRPGだと思っているので
    そういう要素が苦手な人は視聴しない方が良いかもーかもかもー。

    と言う訳で触り始めたので第1回の感想をサクッと綴りますが
    そんな話だったんだね!?
    って感想が真っ先に出ます。リアタイでプレイしてた頃は
    何も考えずにどんな話かも分からないまま触ってましたが
    今この歳になって初めて理解できました。
    ファイナルファンタジー7ってこんな話だったのかー
    って噛み締めるようにテキストを読み耽っております。

    ラスボスまで何時間掛かるのか、百回以内の配信で終わるのか
    何の情報も拾わずにプレイする予定なので
    良かったら最後までお付き合い頂けたら幸いですー。
    関連記事

    Comments

    post
    Comment form

    Trackback

    Trackback URL