鎖錠の楼閣

    一次&二次の小説やネトゲやゲームの記録記事を更新してるブログ

    Home > アニメ感想 > 【アニメ感想】「はがねオーケストラ」

    【アニメ感想】「はがねオーケストラ」

    「〇〇したの時間の無駄だった」って台詞、こないだ私も
    使ったフレーズなのですが、これって他者から見たら
    「〇〇してる私は今時間を無駄にしてるのか」って
    思わせちゃいそうですし、だいぶ失礼な文言なのかなー
    って偶々私自身も他者が使ってるのを見て思いまして。

    「自分は自分! 他人は他人!」って理解している人なら
    特に何も思わないでしょうし( ´_ゝ`)フーンで済む問題だと
    思うのですが、そう考える事が出来ない困ったさんに突撃
    されると更なる時間の無駄が生じる上に面倒臭いですよね。

    まぁつまり何だ、面倒臭い人に絡まれたら即ブロックって事だ。
    12話で最終回を迎えたようなので
    「はがねオーケストラ」のネタバレ感想
    綴っちゃうよ~! 閲覧注意!


    まずはニコニコ動画に掲載されている
    イントロダクションをぺとぺと。

    ■イントロダクション

    人が生きていける場所が僅かしか残っていない、荒廃した大地。
    これは、そんな厳しい環境の中で必死に生きるクレハ達が――
    ゲーム「はがねオーケストラ」の宣伝に奮闘する物語。
    ダウンロードしてもらう為、身体を張った宣伝や、ゲーム業界の暴露話、
    さまざまな手を使い宣伝する、異色なセルフマーケティングアニメ。


    ◇◆◇◆◇

    「セルフマーケティングアニメ」って単語に惹かれて視聴を
    始めた次第なのですが、大当たりの作品でした!
    元はソシャゲと言いますか、ソシャゲの宣伝のための
    アニメと完全に割り切っているにも拘らず、原作である
    ソシャゲを置いてけぼりにさせるようなぶっ飛んだ
    ギャグコメディ
    な物語で、これ何か見覚えが有るな……
    と思ったらアレです「イクシオンサーガDT」を髣髴と
    させると言いますか、あれにだいぶ近い作品だなーとw

    原作のソシャゲもちょこっとだけ触りましたが
    チュートリアルの段階ではイントロダクションに
    有るような過酷な世界が鮮明に描写されていましたし
    どこにギャグコメディを盛る要素が有るんだww
    って思うぐらいにシリアスチックな作品……だと感じました。
    なのでアニメから入る人がどれくらい触り続けるのか
    疑問視せざるを得ないwwあまりにもジャンルが違い
    過ぎるよwwただゲーム単体として見ても面白そうな
    出来と言いますか、私自身他に触るソシャゲが無ければ
    真面目にプレイしていたかも知れないと思えるぐらいの
    完成度だと感じております。普通に面白かった。

    脱線から戻りましてアニメの感想。
    前述で触れましたが、全編殆どぶっ飛んだギャグコメディです。
    しかも5分も無い作品なので、サクサクっと視聴できます。
    色々なネタをブッ込んで来る辺り、製作者楽しんでるな~w
    と思わずにいられませんでしたねー。こういうやりたい放題
    やってくれるアニメは往々にしてわたくし高評価をしたい
    人なので、ご多聞に漏れず、「はがオケ」も最高に楽しめました。

    更に言うならED後のキャラ同士の語りが何気に大事な事を
    呟いているのが最高にGJと言わざるを得ない。なるほどなー
    と思う事から、確かにそういう考えでいれば素敵になりそう!
    と思える事まで、人生の教訓やこういう時どうすればいいのか
    って言う解決法まで、直接的なアドヴァイスを投げてくれるのが
    見ていてタメになったと言いますか、そのために見てもいい
    レヴェルじゃないかなって思いました。

    そしてこの記事を綴っている最中に気づいて驚いたのが
    この「はがオケ」ニコニコ動画で全話無料で配信されてるっぽい。
    良かったら一度視聴して頂けると幸いです。
    1話のノリが合うなら最終話まで問題無く楽しめる筈です。

    と言う訳で私自身は最初から最後までゲラゲラ笑い転げながら
    楽しめた次第なので、これは誰にでもお勧めしたいなー
    と思いながら感想を綴らせて頂きました。興味を持ったらぜひ!
    それでは長々とお付き合い頂きまして有り難う御座いました!

    関連記事

    Comments

    post
    Comment form

    Trackback

    Trackback URL