鎖錠の楼閣

    一次&二次の小説やネトゲやゲームの記録記事を更新してるブログ

    Home > アニメ感想 > 【アニメ感想】「魔法少女育成計画」

    【アニメ感想】「魔法少女育成計画」

    綴りたい感想記事が山積してるので
    ちょこっとリストアップしてみましょう!

    ■アニメ感想
    ・魔法少女育成計画※今回で消化
    ・はがねオーケストラ
    ・月曜日のたわわ
    ・刀剣乱舞-花丸-

    ■漫画感想
    ・ピーチボーイリバーサイド(1)&(2)
    ・お前はまだグンマを知らない(2)
    ・働かないふたり(2)
    ・ワンパンマン(12)
    ・カードキャプターさくら クリアカード編(1)

    ■映画感想
    ・スーパーマリオ 魔界帝国の女神
    ・マッドマックス 怒りのデス・ロード
    ・メカニック


    毎日綴っても2週間くらい更新できそう(^ω^)
    12話で最終回を迎えたっぽいので
    「魔法少女育成計画」のネタバレ感想
    ザクザクっと綴らせて頂くのです! 閲覧注意!


    まずはニコニコ動画に掲載されている
    イントロダクションをぺとぺと。

    ■イントロダクション

    巷で大人気のソーシャルゲーム『魔法少女育成計画』は、数万人に一人の割合で本物の魔法少女を作り出す奇跡のゲームだった。ゲーム内の自分のアバターと同じ可憐な容姿、常人離れした身体能力。幼い頃から魔法少女になりたかった姫河小雪は、幸運にも魔法の力を得て、念願の魔法少女生活をスタートさせる。しかしある日、運営から「16人に増えすぎた魔法少女を半分に減らす」という一方的な通告が届く。魔法少女としての資格を失うのは、一週間に一人。最初は人を助けることで得られる「マジカルキャンディー」の数を競い、キャンディー獲得数の少ないものから順次資格を剥奪されるはずだったが――。

    ◇◆◇◆◇

    昨今の魔法少女モノは
    過酷な展開が主流なの??

    大好物ですけども!
    元はソシャゲ? だったと思うのですが、それが
    ラノベになって、更にそれがアニメ化、と言う流れ……
    で合ってるのか調べてないので分かりませんが
    これ最終回の展開を見た後にこのソシャゲを
    触りたいと思うユーザーいるのかなって思わなくも……w


    Twitterの感想を見てメチャクチャ楽しみにしていた
    作品でもありました。と言うのも、魔法少女が
    たくさんいるので「(人数を)半分にするポン!」
    と言う所から物語が始まるのですが、どうやら
    その半分にする過程で魔法少女は魔法少女としての
    能力を失うだけでは済まず、簡単に言えば死ぬと。
    つまりこれはあれです。魔法少女同士が力を合わせて
    魔物や悪党と戦うのではなく、魔法少女同士が殺し合う
    ファンタジーなバトルロワイヤルと言う事です。

    常々発信しておりますが、わたくし「殺し合い」モノが大変
    好物でして、まんまとホイホイされてしまった訳ですな(^ω^)
    様々な能力を有している魔法少女同士が、生き残るために
    或いは己のエゴを満たすために殺戮を敢行すると言う展開
    最高に熱かったです!

    ただツッコミを入れたい所が幾つか有ったのですが、その一つが
    魔法少女の定義が揺らぎそうな魔法少女の選定基準。
    序盤で魔法少女に憧れた男の子が魔法少女になった~って
    くだりの時点でもうだいぶ「それってありなの?w」感が漂っていた
    のですが、続々と現れる魔法少女の中身がもうそれ「少女」じゃない
    よねって方ばかりで思わず笑っていました。中年のおばさんや
    妊婦さんが出てきた時点で「あんたら少女を名乗っていいのかww」
    とツッコミを入れざるを得なかったですww ガバガバじゃねーかww

    物語は伏線の回収が見事過ぎて毎回(・∀・)ニヤニヤするシーンが
    有りまして、「あーっ、これあの時の伏線だったのか!」って
    思いながら楽しませて頂きました。まさかねむりんが怪物を
    生み出す根源になるとは想像してなかったよ……最高かよ……

    バトルロワイヤルものなので人死にがモリモリ出るのですが
    その出し方も素敵でしたねー。良い意味で現実味の有る
    クズ野郎……失礼、クソアマ勢揃いと言った風情で最高に
    テンションが上がりながら落伍していく様を視聴できました。
    「えっ、お前ここで死ぬの!?」って展開が多かったのは
    私の中では最高に楽しかったですなー。一視聴者として
    誰がどのタイミングで死ぬのか、ワクテカしながら毎週
    追っていましたが、本当にまさかまさかの連続でしたよ!

    どの魔法少女も過酷な死に目を迎えていくためか
    どの魔法少女も魅力的と言いますか、甲乙つけがたい
    程に好きな子が多い作品と言う印象ですなー。
    殺されるべき人が殺される展開が大好きな上に
    本来死ななくても良かった人が死ぬ展開も大好きなので
    次々と呆気無く死んでいくこの作品は堪りませんでした。
    中でも好きなのはスイムスイムです。一見理性的に見えて
    ぶっ飛んだ思考で魔法少女を一番多く戮殺した彼女が
    私の中でぶっちぎりでナンバーワン魔法少女でした。

    長くなりましたが、魔法少女モノとして一世を風靡した
    「魔法少女まどかマギカ」とは別種の過酷さ、絶望感を
    有した作品だと思います。最終話では一応救いが有った
    のかな……アレは救いと言えるのかな……と言う結末
    でしたが、その辺も「まどマギ」に近しいと感じつつも
    どこか異なる救いと言う印象でした。何にせよバトロワ系
    の作品の中でも割と上位にランキングするぐらいには
    最初から最後まで楽しめた物語でした。

    それではここまでお読み頂きまして有り難う御座いました!

    関連記事

    Comments

    post
    Comment form

    Trackback

    Trackback URL