鎖錠の楼閣

    一次&二次の小説やネトゲやゲームの記録記事を更新してるブログ

    Home > 映画感想 > 【映画感想】「劇場版 艦これ」

    【映画感想】「劇場版 艦これ」

    劇場版艦これの
    ネタバレ感想だよぉ、閲覧注意だよぉ(^ω^)
    閲覧は自己責任だからな! どうなっても知らんぞー!!
    と言う訳で劇場版艦これの感想ですが
    最高オブ最高でした。

    アニメの続編と言う事だけあって
    アニメの視聴前提の展開でした。
    と言っても、アニメ3話まで視聴しておけば
    大丈夫な内容と言うか、それ以上には
    艦これのアニメの情報が無くても
    何と無く理解できる造りになっているのかなー
    と感じました。

    と言うのも、如月ちゃんが出てくるんですね。
    物語の中核をなす存在としての登場なので
    劇場版を見るのであれば、彼女が轟沈した回である
    3話までは視聴すべきかなーと。

    劇場版の艦これと言うかアニメの艦これも含めてですが
    公式二次みたいな扱いでいいんじゃないかなーと感じました。
    艦娘の深海棲艦化、深海棲艦の艦娘化と言う設定は
    今まで艦これで触れられる事の無かった部分の設定ですし
    艦これのゲームをしていて「もしかしたらそうなのかな?」と
    感じる事は有っても、一切触れられていませんでしたからねー。

    その設定の関係で吹雪ちゃんがどうして特別だったのかも
    明かされる事になりましたが、思うにこういう設定の開示って
    アニメでしておくべきだったんじゃないかなーって感じました。
    劇場版が完結編って言うのがどうにももんにょりするタイプなので
    そこがちょっと個人的に残念だったかなーと思わずにいられませんでした。
    それだけアニメの伏線を綺麗に全て回収しているので
    アニメを見たのなら劇場版も見るべきと言わざるを得ないのですが……
    何と言うか、そういう相互関係って何かなーどうかなーって。

    愚痴っぽくなりましたが別の観点の感想もちらちら。

    冒頭の夜戦シーンは本当に良かった! アニメでは活躍が無かった艦娘である
    天龍、加古、古鷹、鳥海、衣笠、青葉の戦闘シーンが見られたのは
    最高に熱かったですね! 特に天龍ちゃんが弾丸を刀で弾くシーンは
    胸熱度の高まりがしゅごかった! アーケードではゲームの都合上
    どうしても砲撃しかしないんですが、映像として刀を使っているシーンが
    観られたのは最高に嬉しかったですねー! その後に続くシーンで
    龍驤ちゃんが艦載機を飛ばすシーンが見られたのも嬉しかった!
    この辺は正直CMで流すとかしたらもっとお客様の動員を
    期待できるんじゃないかなーと思わずにいられないんですが、どうですかね……!

    物語は最初から最後までコメディ無しのシリアス展開で
    「絶望顔のオンパレードだよ♪」と言う感想が納得しきりの過酷な物語でした。
    加賀さんの壮絶な過去や、如月ちゃんの深海棲艦化、
    過酷な戦闘シーン、戦場から次々と落伍していく艦娘達……
    あちこち涙腺を刺激するシーンが有って、割と序盤から涙が止まりませんでした。

    あと個人的に嬉しかった要素として、本家艦これのイベントで
    よく使われる背景の、「赤く染まった海域」の設定が使われた点。
    こういう風にアイアンボトムサウンドを使うのかー! と感嘆しきりでした。
    確かにあの海域は地獄絵図だったもんなーwwwと変な笑いが湧きましたねw
    そんな海域を延々と周回してたのかと思うと艦娘に
    だいぶ悪い事してたんだなーとか思ってしまいますね!w

    最後は救いが有りましたし、一応ハッピーエンドなのだと思います。
    ただ、過酷な戦いの一つが終わっただけで、彼女らの戦いは
    これから始まった、と言う見方をしてしまうので、果たしてそれは
    ハッピーと言えるエンドなのかと言われたら小首を傾げてしまいますが。
    「無事に帰ってくる事が出来た」事が大事なのかも知れません。
    この辺は艦これのゲームでも大事な点だと感じている部分なので
    改めて艦娘を轟沈しないように頑張ろうと戒めたいと感じました。

    最後になりますが、
    アニメもそうですが劇場版も独特な世界観であると感じたと言いますか
    私はあくまでこの作品は「公式が考えた一つの艦これの世界観」と言う
    認識なので、この設定に縛られずに今後も二次小説を綴っていこうと
    思いますし、二次創作者がこの設定に縛られずに創作を続けてくれれば
    嬉しいなーと感じました。
    あくまでこれは公式が明示した一つの可能性であって
    二次創作者の発想は自由であって欲しいんです。

    それでは長々とお付き合い頂きまして有り難う御座いました。
    並びに、とても素敵な物語を有り難う御座いました。
    関連記事

    Comments

    post
    Comment form

    Trackback

    Trackback URL