鎖錠の楼閣

    一次&二次の小説やネトゲやゲームの記録記事を更新してるブログ

    Home サモンズボード

    【サモンズボード】2ヶ月間楽しませて頂きました! 有り難う! そして、さようなら!

    うそつき!

    【サモンズボード】新ノマダン突入とか、火の猫又とか、火の伝承とか、光結晶残り2つとか…

    どうして一々言葉にしないと行動できないんだろう?」って思ってる人がいます(確定)。そう思ってる人は、「どうして一々言葉にしてないのに行動してるんだろう?」と思ってる人がいる事を想像してみたらいいんじゃないかな。

    自分が絶対に正しいと言う事は無いし、相手が絶対に正しいと言う事もまた有り得ないのです。意見・主張・思想諸々、相手に押し付け合うのはやめましょうねー。自分が困ってるのなら相手も困ってると言う事をお忘れなく。

    【サモンズボード】ランバトお疲れ様でした!「頑張りたくないギルド」のギルドメンバーの定員が9人分も増えたよ!

    生きてればその内良い事有るよ^^」って、後出しじゃんけんの趣。嫌な事が続いても「今は嫌な事が続いてるかも知れないけど、“その内”良い事が有るよ」と言えるし、良い事が有れば「ほら、良い事あったでしょ?」と言える。強い言葉だね(確信)。

    その、“その内”が待てないから辛いんじゃないんですかね。「もうやだ死にたい」ってのは、“今”辛いからそう言ってるのであって、良い事が確定してない未来を待てなんて言うのは、当人にとっちゃ拷問みたいなもんなんじゃないんですかね。

    死にたいと希う人が気軽に死ねる世界になりますように。

    【サモンズボード】ゲリラには黄龍、覚えておくといい。それと「頑張りたくないギルド」のメンバーが満員になりました。

    稀に「お前は文才が有っていいよなー」と言われる事が有る(唐突な自慢)のですが、私自身の感覚で言えば、私に文才は有りません。有りませんが、それを補って余りある程の環境が整っていた、と言う事が、最近になって身に染みて判るようになってきました。

    文才」と言う天稟が備わっているか否かよりも、その趣味を心底より楽しめる環境が整っているか否かの方が、よほど重要。私より格段に素敵な作品を作れる人が、卑下し、挫折し、筆を折っている事の方が、よほど深刻。

    もっとも、私に出来る事は、素敵な作品を見かけたら、「素敵です」と声を掛けるぐらい、だけどね。

    【サモンズボード】光結晶残り6つになりました(震え声)、それと「頑張りたくないギルド」のメンバーが18名になりました(白目

    普通の人」とか「みんな」とか、そういう幻想域に棲まう異次元生物に想いを馳せてたけど、そんな超時空生物ってこの世界には存在しないんですよね。

    有り得ない生命体と比較して浪費してるその余分な力を、創作とかゲームとかに使えば、きっと幸せになれるよ。たぶん。

    【サモンズボード】サモロイドが地味に良い子、それと「頑張りたくないギルド」のメンバーがまた増えました

    完全にタイミング依存だけど、悪いタイミングで悪い事をする相手は好きになれないし、良いタイミングで良い事をする相手は嫌いになれない。

    私は割と悪いタイミングでよくやらかすから、そう言うのには勝手に過敏に反応しちゃう&被害妄想逞しいから、一瞬すれ違っただけで二度と逢わないなんてザラだったりします。私はそういう残念な人なんだ、仕方ないね。

    【サモンズボード】個人的に一番楽だったよ今週のイヴェントダンジョン、それと頑張りたくないギルドのメンバーが15名になってた。

    何を呟いても咎められると言う事態に陥った時、「もう何も呟かないようにしよう」と考えるか、「何でも呟いちゃおう」と考えるか。

    これって単にその時の思考回路がネガティヴかポジティヴかの違いだと思ってる。そういう意味では、絶えず一方の思考回路でいられる人って、私の価値観で言えば、狂ってると言えるのかも知れない(明言は避ける系)

    【サモンズボード】今週のイヴェント完遂、それと充実する木属性

    汚い言葉を日常的に見たり聞いたりしてると、自分が日常的に使ったり発したりする言葉も汚くなる。逆も然り。

    何を見て、何を聞くか、それは個人の自由で、誰にも咎められない。自分がどんな言葉を使う人間になるかを決めるのは、自分しかいないって事。

    環境を変えられるのなら、自分の好きな言葉に満ちた世界に変えると良いのではないでしょうか。

    【サモンズボード】ジーラ手に入れたりノルン姉妹とジーラを進化させたりしてる日々

    ネットには機雷染みた悪意があちこちに点在する。それは全ては無理かも知れないが、或る程度は回避できる代物であって、映る全ての悪意に立ち向かう必要性など端から存在しない。

    漂う悪意を観て神経や精神を擦り減らすのは、そもそも必要としない行為。「悪意に慣れる」必要がそもそも有り得ない。悪意を受けた時の、吐き気を催す気持ち悪さを忘れてはならない。

    悪意と一々戦うんじゃない。悪意を回避する感覚は、戦う以上に大事。でもそれって人格の問題じゃね?

    話はここでおしまいなんだ…

    【サモンズボード】ピクシー5姉妹揃ったー、それと今週のイヴェント完遂

    自分の好きなモノを自分の好きなように創る、と言うのは、創作活動をする方なら判ると思うけど、とても難しい。色んな壁にぶつかって、自分の思った通りの作品には、ならない。

    思い通りの作品を創るには、数を熟すしかない。そして創りきる事が大切。最後まで完成させて、初めて創作の経験値が手に入る。経験値を稼いで、レヴェルを上げて、色んな作品に挑む。そうする事で、少しずつ想像の領域に足を踏み出せる。

    これがゲーム脳と言う奴です(ぇ